熟年親父のウインドサーフィンとスキー復活コブ入門
«Prev | | Next»

2013-09-01

一年半ぶりのウインドサーフィン (^o^;

■8月31日(土) 復帰第一戦は暑くて風が無くて、忍の一字だった

ニューボードをゲットして一ヶ月、本日ようやく復帰第一戦。実は数日前の平日の風の良い日に復帰となる予定だったのだが、浜に着いてセットアップを始めたらダウンシートを引く時セイルに付ける3連プーリーがにゃい (`_´メ)

丁度全員アウトに出ていて、借りることもできず、まぁ、仕事もあったしぼけっと待っているのもあきらめて撤収。

そしてようやく本日。しかし暑い、風が無い。帰ろうか少し悩んだが、皆さん集結しているので久しぶりにダベリングも良し、ということでずるずると。

まぁ、一年半ぶりなので、これくらい風の無い時に道具の調子を診るのも悪くないと考え6.2のノースのセイルでセットアップ。弱風でもビーチスタートに拘り出艇。

ボードの容量は114Lでこれまでのものは117L。3Lの違いだけど、それ以上に浮力を感じない。しかもトップ側の浮力が少なく今までのようなタックターンをすると直ぐにトップが沈む。いずれにしても風が弱く、ハーネスはかろうじて架かるけど、ストラップには前足すら入らないので、ボードの実力は不明。しかしこの軽さと固さと幅の広さは容易なプレーニングを予感させるものがあるそれは次回の楽しみということで。ノース6.2+JP114Lしかしこの季節、風を待って浜で一日焼かれるのは耐え難いものがある (`_´メ)


posted at 22:38:28 on 2013-09-01 by ttaka - Category: General

2013-08-09

光陰矢のごとし。17年過ぎた (?_?)

■8月9日(金) マウンテンバイクを同じ店で購入することになろうとは

熟年親父がマウンテンバイクを山に担ぎ上げて遊び始めたのが1996年。まだインターネットは一般には普及していなくて少し進んだ人がパソコン通信で遠方の人とコミュニケーションしていた時代。

幸いなことに近所にマウンテンバイク専門店があってそこでスペシャライズド95年版のロックホッパーを6万円弱で訳も分からずゲット。それからそこの店主とウインドサーフィンを始めるまで10年程の付き合いがあった。結局ロックホッパーは改造に改造を重ね原型はフレームだけになった。

ウインドを始めてからはすっかりマウンテンバイクから足を洗ってしまったので、丸6年ノーメンテナンスの雨ざらし。店主とも縁が切れた。そして1年前、昔の虫が騒いでマウンテンバイク復活。

通常なら16年前のマウンテンバイクが復活するはずはないのだけど、新車を購入して再び改造する気力もなく、とりあえず復活させて再び山で1年遊んでいたのだが、先日久しぶりに空中回転したらショックアブソーバーの肝心な部分に亀裂が入り、修理する気力もなくなり、ついに廃棄処分決定。

マウンテンバイクから足を洗ってウインド復帰の良いチャンスとも考えたのだがウインドに比べればマウンテンバイクなんてとってもリーズナブル。しかも1996年の時と比べればインターネット上に情報が溢れていて通販でも容易にゲットできる昨今。再度あの店主の元を訪れることもないだろうと考えていたのだが・・・

結局17年ぶりに同じ店で同じようなマウンテンバイクをゲットすることとなり本日発注。価格は5万円弱だったけど、装備は17年前と比較にもならない。ストローク100mのショックアブソーバー、油圧制御のディスクブレーキ、27段変速云々。ただ唯一の欠点は「重い」ということ。

そして店主とその奥様は17年前と殆ど変化無し。一方熟年親父はすっかり禿げ親父になっていた。

スポーツ用品全般に言えることだけど、固くて軽い方が良い。マウンテンバイクも同じ。フレームの固くないマウンテンバイクはロスが大きくコントロールし難い。特にダートでスピードを出した時に一層効いてくる。但し固くて軽いフレームを求め始めるとフレームだけで云十万円也 (^o^;

ウインドも同じだけど、ウインドはボード、ハーネス、ブーム、マスト、フィン、それぞれ皆効いてくるからスピードを出した時の性能を求め始めるとコストは天井知らず。熟年親父のマウンテンバイクは山道をゆっくり降りるだけに特化しているので、安物でOK \(^o^)/1995年製スペシャライズドのロックホッパーが原型長いお勤めご苦労様でした。本当に感謝しています m(_ _)m


posted at 21:26:02 on 2013-08-09 by ttaka - Category: General

2013-08-02

ニューボード?ゲット 稲村ジェーン \(^o^)/

■7月28日(日) ボードは頂いたのだが・・・

このところ山でマウンテンバイクで遊んで、その後、汗だらけの体を川で洗い流してという休日を過ごしている。この季節の川遊びは凄く好きだ。

3時間程遊んで車に戻って携帯を見るとY氏から留守電が「JPの114Lのボードの出物があるけど、欲しいなら回すよ」とのありがたいお誘い。

しかし、ずっと使ってきたJPの117Lはだいぶくたびれてきたが、まだ半年くらいは使えそう?それに今すぐ復帰する可能性も低いしということで、少し渋って、そのまま数時間流れた。

が、再びY氏から電話。浜の貴公子が使っていた物なので出物であるのは間違いない。それでも決断しかねていたのだが、えぇいっと!?決断し、久しぶりに浜に軽トラックでずるずると。

拝見したら予想通り、正に出物。いままで使っていた117Lと比べると同じJPでも、随分進歩しているように見える。JPも寝てはいないね。幅が広く、全長が短く、もちろん重量も軽く、しかも同じフリーライド系でもだいぶスラローム系になっている。今の熟年親父には無敵のボードか?

そんな訳でありがたくいただき、軽トラックに積載し、稲村ジェーンモード \(^o^)/
JPの114Lボード正直なところ、ウインドはやりたくて、足も手も腰もあの海の上を走る時の感触が忘れられずにうずうずしているのだけど、この季節川遊びも楽しいし、効率良く遊べるし、あまり時間取れないし、それでも少し復帰を早め10月にしようかなぁ???


posted at 20:10:10 on 2013-08-02 by ttaka - Category: General

2013-04-02

早くも今シーズン最後のスキー (^o^;

■3月27日(水) 平日に山で集ってしまった

気が付けば既にThe End Of March。そろそろストーブも不要になりつつある昨今。浜の仲間から突然の平日スキーのお誘い。仕事が超立て込んでいたけど、万障繰り合わせて、気付いたらスキー場に立っていた (^o^;

信州野麦峠スキー場は熟年親父のお気に入りだ。野麦峠と聞いただけで郷愁を感じてしまう。小説「あゝ野麦峠」の舞台でもある。そんな訳でここで遊ばないとシーズンを終えた気がしない。

ゲレンデトップに立つと景色も抜群で、御嶽山も乗鞍岳も手に取るように見える。

シーズン最後の週の平日ということもあり、ゲレンデはガラガラ状態で、熟年親父+ヤングはほぼ貸切状態のゲレンデで思いっきり遊んだ。そして、いつもは浜で穏やかで陽気なお父さんのSAD氏が雪山では狼に変身することを今回知った。「シーズン最後の週の平日スキーは我々だけのゲレンデだった」は動画配信中・・・
5月に入ったら野麦峠の女工さん達の足跡を辿るバイクツーリングも良いね。


posted at 22:30:50 on 2013-04-02 by ttaka - Category: General

2013-03-04

三谷の浜の守護神キャット参上 \(^o^)/

■3月3日(日) 浜の人気者です

おひな祭もなんのその、風さえあれば三谷の海で集う老若男女+猫。

闘い終わって撤収作業中を狙って三谷まで赤いバイクでミニツーリング。やはり皆さん居ました。そしてこのところSUさんのブログの、wind-chickenの日記でも人気の猫ちゃんもいました。

すっかりなついて、と言うか、ここまでくるともはやずうずうしいと言っても過言ではないかも。三谷の浜の守護神キャットとなるか?誰か名前を付けとくれ \(^o^)/
三谷の浜の守護神キャット
熟年親父にかわいいお尻を向けて悠然と尻尾を振っていました。


posted at 17:34:13 on 2013-03-04 by ttaka - Category: General

2013-02-27

雪山サイクリング \(^o^)/

■2月3日(土) やはり冬は雪山サイクリングだっ!!

本宮山のような比較的低い山でもこの季節は山頂付近に雪が積もることは珍しくない。雪が積もれば滑り易く少し快適さは失われる。しかし山はひときわ静かになり、熟年親父は過ぎし日を振り返りつつ山を下る。このコースはかなり美しくもある。とい言うか、私好みだ \(^o^)/「雪山サイクリング」は動画配信中・・・
今年の春にはウインド復帰予定だったのだが、このところ山にだいぶ入れ込んでいるので、秋になってしまうか?それとも来年か?いや、必ず復帰するのだけど、数年先になってしまうかもしれない。


posted at 19:03:12 on 2013-02-27 by ttaka - Category: General

2012-12-25

スキー場で遊ぶウインドサーフィン七人衆 \(^o^)/

■12月23日(日) やはり冬は暖かいスキーだっ!!

例年通り、今年もスキーに。今シーズンの初スキーでウインド仲間七人がスキー場で集った。気のおけない仲間とのスキーはやはり楽しい。今シーズンも怪我のないようバトルしませう。「スキー場で遊ぶウインドサーフィン七人衆」は動画配信中・・・今シーズン、つっいにスキー板を新調してしまった。ウインド仲間とスポーツショップのヒマラヤで待ち合わせたのが間違いだった。つい、ふらふらと衝動買いしてしまった。まぁ、14年近く使っていた板なので、とっくに新調すべきだったのも事実。しかし熟年親父の軽トラックに近い価格って、どういうこと?


posted at 22:05:11 on 2012-12-25 by ttaka - Category: General

2012-12-24

軽トラックで熟年デート (^o^;

■12月24日(月) クリスマスイブにバロック音楽って?

昨日はウインド仲間七人衆で今シーズンの初スキー。例によってバトルバトルで燃えた。一夜明け本日は溜まった仕事を片付け少しほっとした午後4時、軽トラックで熟年デート (^o^;

もう30年以上前のことだけど、女房が連れていってくれた、一度だけ行った喫茶店。何故かそれからずっと記憶の片隅に残っていたけど、わざわざ行くのもなんだなぁと女房とも話していたが・・・

「カフェ・バロック」。おぉ、あるじゃないか。今も30年以上前のままで。これは奇跡か?夕暮れ迫る店内には店長とその奥様と思しき熟年夫婦とお若い女性の3名のみで、客は私達だけというほぼシナリオ通りのシチュエーション (?_?)

30年前の記憶には店内にチェロがあった。それもあったのかもしれないけど、本日は古びたチェンバロが居座っていた。そしてお若い女性が今からこのチェンバロで練習すると言う。おぉ、なんというジャストタイミング。

夕暮れ迫るひと気の無い通りを眺めながら流れてくるクリスマスイブのバロック音楽は別世界だった。素敵なクリスマスプレゼントに感謝。長い人生こんな奇跡のような出会いもあるんだから捨てたもんじゃない \(^o^)/


posted at 23:08:25 on 2012-12-24 by ttaka - Category: General

2012-12-16

山岳サイクリング新ルート開拓 \(^o^)/

■12月16日(日) ウインド復帰はやはり来春?

一ヶ月程前に非常に珍しく山で他の人遭遇。ところが、なんとその人が斧を持っていた。すこしどっきりだったけど、その人曰く「イノシシが出るので」とのこと。その後30分程話込んでしまったのだけど、その人に教えてもらったルートが面白そうだったので、その後トライ。

ところが登山道じゃないので、まったく道しるべ無し。GPSを使って徐々に高度を稼いで、結局三回目で本宮山スカイラインに抜けることができた。

山岳サイクリングには最適のコースなので、これからはずっとこのコースになりそう。「東三河 本宮山 山岳サイクリング」は動画配信中・・・そろそろスキーだね。と言うことでウインド復帰はやはり来春?


posted at 21:32:57 on 2012-12-16 by ttaka - Category: General

2012-11-19

山岳サイクリングって超マイナー (^o^;

■11月18日(日) ウインド復帰は来春?

このところ週末は山岳サイクリング(山サイ)。再開4回目の本日、ようやく以前の調子が戻ってきたみたいで、展望が開けてきたぞっ!?

熟年親父が自転車を山に持ち込んだのは1996年で、その頃はそこらじゅうの山に持ち込んでいた。が、いくら注意しても山で登山者と遭遇すると、どうしたって登山者がびっくりしてしまう。登山者と遭遇しないコースを求めて右往左往すること数年。

ようやく、本宮山の獣道とほとんど変わらない現在のコースにたどり着いて、ここで10年近く遊んでいたけど、その間、登山者と遭遇したこと無し。一度猟師と遭遇したことがあっただけ。あの時は撃たれれやせんかと少しびくついた。

山岳サイクリングはコースが限られてくるので、それだけでも超マイナーな趣味にならざるを得ない。「奥三河 本宮山 山岳サイクリング」は動画配信中・・・それにしても、今年は紅葉が綺麗だ。海は日本より綺麗な海が世界中にあるだろうけど、山は日本の山はいい線行ってるじゃない?


posted at 19:46:33 on 2012-11-19 by ttaka - Category: General
«Prev | | Next»