熟年親父のウインドサーフィン入門

2013-09-08

新車で山岳サイクリング \(^o^)/

■9月7日(土) まだ暑いけどとにかく新車で行ってみた

真夏の山岳サイクリングはちっとも楽しく無い。とにかく暑くて、虫が多くて堪らない。そんな訳で8月一杯はお休みしていたのだけど、新車だけは既に1ヶ月鎮座している。

新車には危惧があった。とにかく重いのだ。このビアンキのMTB:KUMA5100はカタログスペック上は13.3kg(それも最大サイズで)だけど、実測したら14.3kgもあり、フロントギヤ除去、シートポストカット、細めのリアタイヤに交換などでとりあえず13.5kgにはなったけど、それでもこれまでのMTBに比べれば3kgも重い。

山登りで3kgはちょっとした重さ。そして重いMTBは当然操作も難しくなる。心配で夜も眠れない一ヶ月が過ぎ、本日、満を持していつもの本宮山へ担ぎ上げた。

まだ十分過ぎるほど暑いけど、虫対策で完全防備し、上から下まで虫除けスプレー。顔はもちろん防虫ネット。かなり怪しい風体。

担いだ印象はそれなり。う〜ん・・・まぁ、登りはなんとかなるか?

さて、下りは。う〜ん、思ったほど操作は難しくない。それにしてもサスペンションが効き過ぎというか街乗り仕様で柔らか過ぎ。調整できるはずなので後日調整。ブレーキは流石ディスク、十分過ぎるほど効く。街乗り仕様のバーハンドルはやはり山では操作し難いので交換必至。

総合的にはなんとか使えると思うけど、いずれにしてもこの重さでは高い山は無理だね。まぁ、ウインドも楽しみながらなので、今後高い山に行くことはないだろうけど?まだ暑いけど山岳サイクリング
14:02:31 - ttaka - No comments

2013-09-04

5.2屮▲鵐澄嫉芦和臈臚箸衫后(^o^;

■9月3日(火) 南東〜東南東:MAX 9.5m,AVE 8.0m

先日の復帰第一戦は風が無くて不完全燃焼だったので次を狙っていたところ平日だけど浜の大将からY氏に「良い風吹いている」との電話。それを聞きつけ仕事を早目に切上げ、昼食+ノンアルコールビールを持って2時過ぎ三谷着。

青空に白い雲、南東の風が心地良く吹き込んで、復帰第二戦には打ってつけのシチュエーション。とは言え不安が先に立ち、7点台の風とは思ったが超弱気の5.4屬妊札奪肇▲奪廖このノースのセールも随分使っているがいまだに肝心な部分が壊れていないので熟年親父には現役。とは言え、いつトップが抜けるか?

皆はほぼ正面から防潮堤の右側を回ってアウトに行くコースだけど、熟年親父はここでもビビッて思いっきり東にリグを引張って防潮堤の左側からアウトに。ほぼ正面で三河大島が誘っていたのでそのまま一気に。超久しぶりに三河大島上陸 \(^o^)/

他の人はそうでもないみたいだけど、熟年親父は結構三河大島上陸が好き。この浜から見る本土?の景色も好き。独りで浜にいる雰囲気も好き。実はこの一年半の間も夢見ていた。

しかし今回は楽しさより不安が先に立っている。しかもY氏からも指摘されたけど、へっぴり腰だ。タック中もびくびくしていて直ぐに失敗する。ウインドってやつはプレーニングしていても無事に帰ることができるだろうかという不安があるとあまり楽しくない。

復帰はしたけど、なかなかまとまった時間遊びに時間を避けない状況には変化がないので、さて今後どうなりますことやら?「5.2屮▲鵐澄嫉芦和臈臚箸衫后廚脇芦菁杰中・・・
11:22:28 - ttaka - No comments

2013-09-01

一年半ぶりのウインドサーフィン (^o^;

■8月31日(土) 復帰第一戦は暑くて風が無くて、忍の一字だった

ニューボードをゲットして一ヶ月、本日ようやく復帰第一戦。実は数日前の平日の風の良い日に復帰となる予定だったのだが、浜に着いてセットアップを始めたらダウンシートを引く時セイルに付ける3連プーリーがにゃい (`_´メ)

丁度全員アウトに出ていて、借りることもできず、まぁ、仕事もあったしぼけっと待っているのもあきらめて撤収。

そしてようやく本日。しかし暑い、風が無い。帰ろうか少し悩んだが、皆さん集結しているので久しぶりにダベリングも良し、ということでずるずると。

まぁ、一年半ぶりなので、これくらい風の無い時に道具の調子を診るのも悪くないと考え6.2のノースのセイルでセットアップ。弱風でもビーチスタートに拘り出艇。

ボードの容量は114Lでこれまでのものは117L。3Lの違いだけど、それ以上に浮力を感じない。しかもトップ側の浮力が少なく今までのようなタックターンをすると直ぐにトップが沈む。いずれにしても風が弱く、ハーネスはかろうじて架かるけど、ストラップには前足すら入らないので、ボードの実力は不明。しかしこの軽さと固さと幅の広さは容易なプレーニングを予感させるものがあるそれは次回の楽しみということで。ノース6.2+JP114Lしかしこの季節、風を待って浜で一日焼かれるのは耐え難いものがある (`_´メ)
22:38:28 - ttaka - No comments