熟年親父のウインドサーフィン入門

2011-07-30

夏風の贈り物。ランデブープレーニングは楽しいな \(^o^)/

■7月29日(金) 西北西:平均5.3m、最大11.2m

夏。ウインドサーファーには厳しい季節。風待ちで一日浜辺にいた、という空しい経験も熟年親父にはあった。最近はそんな気長なことはしなくて、さっさと他の遊びにしてしまうけど。

本日はY氏から「そこそこ吹いている」とのありがたいお誘いを受けたので平日にもかかわらずほぼ三ヶ月ぶりにウインドサーフィンに興じた。久々の熟年親父同士のランデブープレーニングはやはり楽しい。

・セイルの風圧中心
本日のセイルは、あまり使ったことのないノースの6.2屮Ε┘ぅ屐このちょっと古いセイルは6.2屬砲發かわらず460のマストが必要という背高のっぽ。これまでの使い心地はダウンシートの引きが甘い影響で風圧中心(CE)の変化が激しく芳しいものではなかったのだけど、本日も懲りずに少し甘めのセッティングで出艇。

風の弱いうちは、どうってことないのだけど、一旦ブローが入って、それが強烈だったりすると、風圧中心がばかばか変化し頻繁にブーム操作が入り、とてもじゃないが快楽快楽って訳にはいかない。しかも久々のセイルでジョイント位置も流動的で、益々安定しない(多分CEとジョイントの位置が合致した時が一番安定)。

それでもまぁまぁ楽しめたし、風も落ちたようなので本日撤収と思い片付け始めたらなんだか風が上がってきたので、今走らなくては次は秋かも?しかしダウンをもっと引くのは道具が壊れそうで躊躇。そんなこんなでグズグズしていたら熟年親父のS氏がさっさとダウンを引き始め、あっと言う間にまともなセッティングに。

再出艇。おぉ〜ぉ、まったく安定している。結構良いセイルなんだ。マンモスうれピー(古いね)。マストが折れそうだけど (^o^;

結局ちゃんとセッティングして安全にウインドするには、マスト、セイル、ジョイント、シート、これら全て新品か素性の知れたものでないといけないってことで、ウインドってお金のかかる遊びだね。

「夏風の贈り物。ランデブープレーニングは楽しいな」は動画配信中・・・次のブログ更新は「秋風の贈り物」か?
17:40:19 - ttaka - No comments