熟年親父のウインドサーフィン入門

2011-05-01

春風の贈り物。ランデブープレーニングは楽しいな \(^o^)/

■4月29日(金) 北西〜西北西:平均7.3m、最大16.1m

このところ他の遊びに熱が入ってウインドはちょっとという気分の熟年親父。それでも本日は午前中そこそこの風が期待できそうなので早々と9時半に三谷着。ところが先客はY氏のみ。しかも風無し。

帰ろうかなぁという気分にもなったけど、Y氏とダベリングしている内に、なにやら沖の方にブローラインが出たり引っ込んだりで、誘うじゃないか。そうこうしている内に、いつものメンバーも到着。

幾つのセイルにするか少し悩んだけど、ノース6.2屮Ε┘ぅ屐JP117Lフリーライドでセットアップ。

出艇。おぉ、ほぼMAXと言っても大げさでないくらいブローとブロー無しの変化が激しく、防潮堤を超えると直ぐに完プレで、思ったよりオーバー。しかも今回3回目のこのセイル、セッティングがいい加減ということもあり、ブローが入るとクリュー側がめったやたらと重くなり、とてもじゃないが走っておられないので、早々にリターン。

ダウンをもっと引いて再出艇か?それともサイズを下げて貼りなおすか、少し悩んだけど、ノース5.4屮Ε┘ぅ屬謀修蠶召掘

再出艇。防潮堤前からもうれつなブローが入り、直ぐに完プレ。このセイルもまともなセッティングじゃないし、2番目のバテンが抜けてるしということで風の強弱でのパワーポイントの移動も激しいけど、まぁ、本日の風なら5.4屬覆藹惑親父でなんとか制御できる。と言うことで鼻歌交じり?で大島2往復。

3回目の大島を狙って鼻歌交じりで走っていたら突然腕に疲れが出てきて、先ほどまでの余裕はどこへやら。もう少しで上陸できそうだったのだけど、しかもとても風が強いエリアだったのだけど、あきらめてタックターン。失敗。本日アウトサイドで初めてのセイルアップ。しかも2回も、これで疲れ果てて、撤収。

「春風の贈り物。ランデブープレーニングは楽しいな」は動画配信中・・・
14:39:14 - ttaka - No comments