熟年親父のウインドサーフィン入門

2011-01-26

きそふくしま&やぶはら、連荘スキー \(^o^)/

■1月22日(土)&23日(日)

こう寒くては暖かいスキーだよね、と言うか熟年親父は骨折療養中なのでウインド不可の体をスキー場にせっせと運んでいる。今回は恒例のウインド仲間との泊まりでの連荘スキー。夜の宴会も更に盛り上がり、来年が恐ろしいくらいだった。SIさん、ゴマだれのちげ鍋Thanks m(_ _)m

一日目の「きそふくしまスキー場クワッドリフト一本」は動画配信中・・・
二日目の「80thやぶはらスキー場 ダイヤモンドライナー一本」も動画配信中・・・
00:02:47 - ttaka - No comments

2011-01-11

成人の日の高鷲スノーパークで終日遊ぶ \(^o^)/

■1月10日(祝)

今シーズンからダイナランドと合体した高鷲スノーパークはゲレンデのバリエーションが増え、おっ、ここは八方か!?そんな八方もどきのゲレンデで熟年親父スキーヤー達は終日遊ぶ。ゲレンデが空いてきた頃、ゆっくりと下まで滑り降りた。「成人の日の高鷲スノーパーク ゴンドラ一本ノーカット版」は動画配信中・・・
・真逆の技術
ウインドではあまりないけど、スキーは真逆の技術も良く使う、と言うことをこの歳になって知った。前傾姿勢で、膝を入れて、エッジを立てて、板を揃えて、肩はフォールラインに向けて、はほぼ通常(カービングスキー以前の?)セオリーだけど、テールに加重を掛けて、エッジをずらして、板は少し広げて、肩は進行方向に、と言うのもありだと言う事。

色々な技術を覚えて小箱に入れておいて、場合場合であの小箱この小箱という具合に開けるってこと。還暦間近だけどまだまだ小箱を増やすぞ。

エッジを立てると言えば、熟年親父はアイスバーンにはエッジを立てて、と思っていたけどこれは違う小箱を開けていた。立たないところに無理やり立てても、板がはねるだけ。何事も自然体 (^o^;
23:25:29 - ttaka - No comments

2011-01-05

あけおめ m(_ _)m リアエントリー慣れてスキー完全復活? \(^o^)/

■1月5日(水)

骨折療養中の熟年親父はまたまた独りでスキーで遊んでしまった。本日は4時間滑り続け、と言っても本日も治部坂高原スキー場の第二ゲレンデなのでリフト4分、滑走1分以内。ゲレンデトップで「溜め」をする人が良く居るけど、熟年親父はそんなもったいない?ことはしないので、リフト待ちも含め、都合6分で一往復。

リアエントリーの方は靴下を2枚にしたらかなりしっくりと合ってきて、慣れもあるとは思うけど本日はラングとの違いが気にならなくなってきた。ただ同然でゲットした歴史の遺物が結構役にたってる。弘法筆を選ばずということにしておこう (^o^;

カービング滑りも復活し、雪質が良かったこともあり、良く走った。と言ってもリアエントリーの方は15年以上前のものだろうからいつ壊れてもおかしくないので、あんまりスピードは出せないね。

骨折療養中でジョギングすら全くできないけど、スキーはほぼ大丈夫みたいなので、今冬はスキーで遊ぶ。治部坂高原スキー場にはいつも感謝しているけど、もっと広いゲレンデで足が震えるほどのロングランがしてぇ〜。
リアエントリー VS ラング
23:15:19 - ttaka - No comments