熟年親父のウインドサーフィン入門

2009-10-20

三谷祭り+5.4嵌哨廛譽Εぅ鵐鼻次C砲呂任いセイルだ (?_?)

■10月18日(日) 西北西〜西:4m〜8m 波穏やか

本日は知る人ぞ知る伝統行事の三谷祭り。例年数万人の見物人がゲレンデ近くに集まるので渋滞に巻き込まれるのを避け、超早めの9時三谷着。

おぉ誰も来ていない。しかもアウトサイドは白波が結構出ている。早速S氏とY氏にこのグッドニュースを携帯で連絡。それほど悩まずノース5.4屮ΕДぅ屐ZIP:270/64/112L/7.5kg スラロームでセットアップし、三谷祭りの邪魔にならぬようホテル前に道具を移動。

祭りも気にはなったけど風が少し落ちてきたので、取るものもとりあえず出艇。弱い。全然走らない。風を求めてよたよたとアウトサイドへ。そこそこ沖に出たけど、風は上がらず、リターン。

祭り見物のヨットや水上バイクがあちこちに。熟年親父もよたよた進んでいるので祭りの様子が海上からも良く見える。浜に着いたら、山車が海に入るところで絶好のタイミング。ウインドサーフィンは一先ず置いて、祭り見物。これは中々迫力のある、そしてとてもきれいな山車で見ごたえがある。

四台の山車も海を渡り終え、さてウインドにリターン。

再度出艇。少し風が上がったが、完プレは半分くらい。これじゃ半プレだ。このところスタボーで走る時、ぎりぎりプレーニングだと後ろ足にかなり疲労が溜まる。2時間ほど遊んでいる内に、ついに両足ともこむら返りが発生。スプリングで冷えたのもまずいかと思いフルスーツに着替えた。

しかし相変わらず半プレ状態。S氏が「セイルを大きなのに変えたら」と助言してくれたけど、風が上がりそうな雰囲気もあるし、張り替えるのも面倒だし、とぐだぐだと時間だけが過ぎる。

結果論だけど、やはり張り替えるべきだった。結果論だけど、本日はセイルはもちろん小さ過ぎたけど、ボードも少し小さい。まだ冬じゃないんだから、この時期少し大きめのセイルで頑張らなけりゃ成長しないぞ (`_´メ) 男はでかいセイルだ (?_?)

・ジョイント用ウレタン交換
前回は2007-12-06なので十分過ぎるほど交換時期。状態は表面的には何も問題なしだけど、定期交換ということで。その前のウレタンは一年弱でひびが入ったので現在のは品質が良いのかもしれない。

「三谷祭り+5.4嵌哨廛譽Εぅ鵐鼻次廚脇芦菁杰中・・・
22:24:11 - ttaka - No comments

2009-10-12

まぁ、走るだけなら・・・本日も5.4峇哀廛譽Εぅ鵐鼻次 (^o^)/

■10月10日(土) 北西〜西北西:5m〜10m 波やや穏やか

予報では8m前後の風が期待できたけど、そんなに吹くかなぁ?と半信半疑で少しのんびりしていたらS氏から携帯で「吹いてる」。即出発し11時前三谷着。

アウトサイドは白波がそこそこ出ているけど、なんだか落ちてきている雰囲気。6.7屬5.4屬少し迷ったけど、再度上がると見て、ノース5.4屮ΕДぅ屐ZIP:270/64/112L/7.5kg スラロームでセットアップ。

出艇。時々走らなくなるけど、概ね完プレ。そしてアウトサイドは時折5.4屮ーバーで上がったり下がったり、アウトサイドは波が大きくなるけど、風速の割りに穏やかでかなり速度が出るし、走っていて特に不安もなく青い海青い空で極楽ウインド。

まぁ走るだけなら、この程度の風ならもう良いね。相変わらずジャイブもウオータースタートもできないけど、この程度の風と波ならタックターンの成功率も90%だし、セイルアップもまったく不安ないし、走っていて沈することもほとんど無いし。

本日のプレーニング中の惜しい沈は、後ろ足ストラップの挿入時に発生。相変わらずどうにも入り難く、まさぐっている1、2秒でテールを押し込んでラフってしまい、それを回復しようとベアさせた瞬間に前に飛ばされ沈。このストラップは設計が悪い。入り口を広げ、全体に少し硬い材料でなければと思う。

熟年親父は概ねかなり体を倒してカイト過剰気味でプレーニングしているので前に飛ばされることは少ないのだけど、久々にぐぉっ!?と体を前に持っていかれたので、その瞬間考えたことは「ブームから手を離すな」。リグとおさらばは遠慮したいからね。ブームから手は離さなかったけど、おかげで血が出るほどボードでむこうずねを打った。

カイト過剰を克服すべく、極力マストを立てることを意識したけど、マストを立てても、おぉ!?と来るほど速度が上がる訳でもない。マストを立てるとボードが押さえつけられてしまうからか?まぁ、あれこれ考えて走っているので近々マスターできるさ?

用意してきた残り物の昼飯も食べず4時ころまであまり休むことなくプレーニング三昧だったけど、風が上がってきて2回連続で前に飛ばされたので引き際と判断し、撤収し、ようやく昼飯。

「もっとどかんと来い。ぼやきの5.4峇哀廛譽Εぅ鵐疋機璽侫ン」は動画配信中・・・
21:08:07 - ttaka - No comments

2009-10-06

112Lのボードをなんとか押さえ込んで、本日も完プレウインドー \(^o^)/

■10月3日(土) 北西〜西北西:5m〜11m 波普通〜やや大きい

予報では10m近い風が期待できたけど庭木が思った程揺れていないので98Lも積まず112Lオンリーで11時頃三谷着。

げっ!?INから白波かよぉ \(^o^)/ (^o^; 98Lを持ってくるべきだった。

4.1、4.7、5.4 の何れにすべきか迷ったけど、どう考えても4.1じゃ112Lとではアンバランスなのでこれはパス。一方5.4じゃオーバー過ぎと考え、ノースの4.7屬離Ε┘屐ZIP:270/64/112L/7.5kg スラロームでセットアップ。

出艇。INは例によってかなりガスティ。突然グォッ!と吹き込んで来たりするけど、4.7ならなんとかかわせる。OUTは概ね完プレだけど、ちょっとアンダーかと思う時があるかと思えば、う〜ん、少しやばいか?と思う程吹き込む時もあって、結構むらがある。

フィンは34cmなので油断すると少し大きい波で海面から抜けて意外に低速時でもスピンアウトしたりするので、とにかく波に合わせて走らせる。

OUTに向かうスタボーのクローズホールドで走る時は、本日の風では明らかにボードが大きい。ノーズが煽られないよう十分に注意して、とにかく海面に沿わせるよう意識する。かと言って波にノーズを突っ込むと結構これもやばいので、しっかりと波を見て走らせる。

しかしいくらしっかり波を見て走らせても、そう何手も先を読むことはできないので、稀に避け切れず波に突っ込んだりすると、急ブレーキがかかる。まぁ、直前に有る程度予測はできるのでなんとか体勢を整えて耐える。

まぁ、こんな走らせ方をしてると今年の冬のシーズンが明ける前に「ZIP:270/64/112L/7.5kg スラローム」が壊れるかもしれない。このボード、とてもお気に入りで、とても良く走るけど、明らかに弱そう。122LのDROPSに比べると、どうしたって少し柔らかいし、波にぶつかると少しボヨヨ〜ンと来たりもする。金欠だからなんとか2シーズンくらいは持って欲しい。

「秋の日のヴィオロンのため息の、4.7峇哀廛譽Εぅ鵐鼻次廚脇芦菁杰中・・・
00:37:23 - ttaka - No comments