熟年親父のウインドサーフィン入門

2008-11-24

超久々に2日連続、5.4で完プレ。しかしウォータースタートは遠い?

■11月08日、11月09日、11月15日、11月16日

ともにほぼ超微風で全てパス。曇天又は雨も多かったので桜渕もパスで室内プールでひと泳ぎ。これじゃ夏の方が吹いていた。

■11月22日(土) 北西:5m〜10m、INは無風〜微風

久々に少しは吹いていそうだったので早めの10時30分三谷着。皆さん同じ気持ちだったようで既に走っている人もいる。しかし沖の方に白波が僅かに見える程度で微妙な状況。

6.5か、それとも安全サイドの5.4かかなり悩んだけど、安全サイドの5.4でセットアップ。セットアップ中に風が上がってきて4.1で張り直しかもということになりかけたが、面倒になったので5.4で強行。

出艇するころにはINにもだいぶ吹き込んできたので防潮堤を出ると直ぐにプレーニング。3週間ぶりのプレーニングはたまりませんなぁ。

・狙い通りのライン
少し前にも書いたけど、最近狙い通りのラインを走れるようになってきた。例えば本日、北西の風で、浜のどこら辺から出艇すれば防潮堤の西の端を抜けてアウトに行けて、アウトのあの付近でリターンすれば、再び防潮堤の西の端を抜けて浜に戻れるか、ってこと。

これって人生と同じだね。人生の方は当初描いたライン通りに進むのは中々難しいけど、ウインドは精進すれば叶う。人生も精進しろってことか?

・カーボンブーム
本日はカーボンブームを使った。例によって中古品だけど、ちゃんとしたカーボンブーム。これまでのアルミのものに比べ、とても硬くてかちっとしている。う〜ん、正直これまでブームなんて丈夫でさえあればどうでも良いと思っていたけど、どうもそうじゃないみたい。

重量もさることながら、この硬くてかちっとした感じは重要かも。特にプレーニング走行中は移動距離は少なくてもとても頻繁にブームを操作しているので、かちっと動くのは結構大事かも。疲労も少なくてすむと思う。

・ヘルメット装着のビデオカメラ
これまで時々防水デジカメのビデオ機能でウインド中の撮影をしていたけど、今回このカメラをヘルメットに装着して撮影してみた。ぶっつけ本番で、改良点はあるけど、まぁまぁかな。ウインドサーファー束の間洋上ランデブーは動画配信中、、



■11月23日(日) 西北西:5m〜8m、INは微風

2日続けて吹くってことはないだろうと思い、少しのんびりしている日曜日。予想外に庭木が揺れているので少し遅れながら11時に三谷着。Y氏がセットアップ中。昨日ほどじゃないけど、OUTには少し白波が見える。う〜んこれは意外に楽しめそうと思ったのだけど、何故か他のメンバーは殆どいない。皆さん昨日で大満足か?

本日も6.5か5.4かで悩んだけど、安全サイドの5.4に決定。流される恐怖は遠慮したいもんね。例によってINは微風でOUTに出るまでは少し楽しくないけど、OUTに出れば結構吹いているエリアがあり、そこでは時折5.4オーバーになったりもする。

・緊張して食欲落ちる
本日気付いたけど、ウインドが楽しくて昼食を忘れているのじゃなくて、緊張で食欲が落ちているみたい。このところずっと昼食はウインドが終わった後の4時過ぎだもんね。ウインドが終わるまで食欲が殆ど湧かない。適度な緊張は好ましいと思うけど昼食も摂れないほどじゃ、どんなもんだろ?

と言うことで、本日も2日連続で、おご(海髪)入りラーメン。これはとっても手軽で安くて栄養たっぷりでおいしい。

ウインドサーファー洋上の独り言は動画配信中、、

3時過ぎて少し疲れてきたので、OUTに出るのは止めて、INで久しぶりにウォータースタートの練習。水抜きはなんとかできても、その時にはボードがおかしな向きになっていたりして、少し練習しただけなのにとっても疲れた。先は遠いかなぁ?
23:05:17 - ttaka - No comments

2008-11-04

久々に2日連続、5.4で完プレ。しかし コワ━━━((;゚Д゚))━━━!!

■10月25日(土)、26日(日)

ともにほぼ無風〜超微風で、またまたパス。土曜日は桜渕でひと泳ぎ。水温17度ジャストになりシーガル着用でもだいぶ寒くなってきた。日曜日は室内プールでひと泳ぎ。こちらはウインドで流された時を想定し、息が切れるほど思いっきり泳ぐのと、その後ゆっくり泳ぐのを連続30分繰り返す。つまり息が切れても泳ぎながら回復できるのを確認するってこと。

とは言うものの冬の荒れた海と室内プールでは全然違うけど。特に精神面が。

■11月01日(土) 北西:5m〜9m、INは無風〜微風

久々に吹いていそうだったので早めの10時30分三谷着。沖の方には白波がそこそこ出ている。しかしINは無風から微風で、防潮堤を出てもなかなか上がらず少し沖に出ると吹いているという本日も少し恐ろしげな状況。まぁ、これからはこういう状況が多くなるね。

5.4か、それともいっそ4.7か少し悩んだが、INはあまりに微風なので5.4でセットアップ。アウトではほぼ完プレでかなり楽しめたけど、北西の風はやはり怖いので早々に2時には撤収。

■11月02日(日) 北西:5m〜7m、INは微風

予報ではあまり期待できなかったので家でのんびりしていたらY氏から電話で「そこそこ吹いている」。あわてて昼食の用意もしないで11時過ぎに三谷着。おぅ、吹いちょる。昨日程じゃないけど、ほぼ同じ状況。もしかして6.5かもとも思ったけど、この季節安全優先でアンダー気味に選択すべきとの判断があるので5.4でセットアップ。他の人はほぼ6点台。

昨日よりもINから吹き込んでいるので、防潮堤を出ると概ね直ぐにプレーニング。5.4でほぼ完プレ。特に戻りは概ね完プレで半分くらいの確率で防潮堤付近まで完プレが続く。

・OUTとIN
前々回書いたけど、本日S氏に教えてもらって、更にネットで調べてようやく納得。普通、アウトに走る時はクローズ。インに走る時はリーチング〜アビーム。クローズは向かい風だから当然走り難い。超基本的なことだった。

とりわけ波が高い時、その差が大きいね。クローズで走る時、波に向かっても走る訳だからともすれば風だけじゃなくて波にまであおられてノーズが浮き上がり易くなる。そんな訳で、ストラップで押さえる気持ちで、更にパンツハーネスの時はぐっと腰を下ろして、ちょっと足を伸ばす感じにすると押さえが効く。

・ハーネスはずれなくなった
Y氏と話していて気付いたけど、最近プレーニング中にハーネスのはずれることが殆どなくなった。プレーニング中ほぼ安定してハーネスに体重を預けていることができるようになったってことだね。う〜ん、熟年親父、成長してるぞ。

・マストを立てる
少し前に書いた「スピードを上げるにはマストを立てる」だけど、本を読んだら同じことを「体からマストを離す」と書いてあって、この表現の方が良く理解できた。プレーニングで走っている時、今はほぼマスト側の腕は一杯に伸びている。多分これで良いのだと思う。但し、未だにブームの位置が低い感じ?でも他の人と比べると決して低くない。迷走中。

・ウォータースタート
昼食も摂らないで戦い終わって、堤防の上に座ってお菓子を食べていると、日頃仕事が忙しくて、遅れてやってきた浜でヤングのN氏がだいぶ傾きかけた夕日の海を走っている。まだ風が残っていて良かったね、と思って見ていると、その内風が落ちてきて、今度はフリースタイルのようなことを始めたので時々沈する。するとすんなりウォータースタートするじゃないか。

げっ、この風でウォータースタート!?驚いて双眼鏡でじっくり観察。浜に戻ってきてから尋ねたら、あれで結構海面下ではばたばたして苦しいのだそうだ(所謂スワン状態)。そっ!!とにかくまず水抜きが上手い。という事は凄い浮力を発生させているってこと。

熟年親父は凄い刺激になった。このところウォータースタートの練習をサボっていたけど、一応次回は少しトライしてみる。もちろんN氏みたいにできるはずもないけど、少なくともイメージトレーニングはできた。とは言うものの見るとやるでは大違い。

・往年の名機:レーシングボードDROPS
先日ゲットしたこのボード。やはり硬い。波の上をカンカンと滑るように走る。ノーズの浮き上がりも、まぁ押さえ込めるようになった。ストラップの後側の位置がこれまでのボードと比べ8cm程後側なので慣れない内は位置をまさぐっている内にボードがラフしてしまったけど、それも慣れて、まぁすんなり入るようになった。そしてフィン。この長いフィンは結構効果がある。少し速度が出ると容易に上れる。今までの調子で走るとどんどん上る。そして波が少し大きくてもグサッと海面に刺さっているから安心?

今時のショート・ワイドのボードに比べれば走り出しは遅いだろうけど、一定以上の風ではターボが効いたようにどっか〜んと走り出す?かな?往年の名機:レーシングボードDROPS
00:15:28 - ttaka - No comments