熟年親父のウインドサーフィン入門

2008-10-23

Life 天国で君に逢えたら!じゃなくて、そのTVドキュメント番組。

■10月18日(土)、19日(日)

ともにほぼ無風〜超微風で、パス。日曜日は桜渕でひと泳ぎ。水温17度台になったけど、シーガル着用でまだまったく問題なし。と言ってもあと一ヶ月が限度。その先は爆風と雪でいよいよおいらの季節 (。´・д・)エッ?

先日「Life 天国で君に逢えたら!」がTVで放映され、見たけど、それよりもっと感動したのは、
天国で逢おう末期がんウインドサーファーの家族、その愛
だね。これは全て観た(↑も含め全部で9本ある)。とても良いドキュメントだ。
23:49:01 - ttaka - No comments

2008-10-17

Newボード、5.4で完プレだったけど危うく流浪の民に Σ(*'∀`*)ドキッ!!

■10月4日(土)及び5日(日)
もう忘れてしまったけど、風は無かったはず。

■10月11日(土) 北西:4m〜9m

朝から庭木がざわざわしているので、予報も確認しないで早々に出発し、10時過ぎに三谷着。

おぅ、吹いちょる。INは若干微風だけど、OUTにはかなり白波が立っている。しかも北西で若干沖に向かって潮も風も流れているという2週間前の土曜日とほぼ同じのちょっと恐ろしげな状況。何も危ないことが起こらなければ良いのだが、、、

久しぶりに会ったI氏がボードを譲ってくれた。122L(実測重量:7,9kg)で、このサイズはなかったので迷うことなくゲット。これまでメインで使っているF2の133L(実測重量:8.3kg)と形状的にはほぼ同じだけど、若干浮力中心が後ろで、走ると違いが、、、これまでのボードとNEWボード
早速ゲットしたボードに5.4でセットアップし出艇。INでもそこそこ吹いているので防潮堤を出ると直ぐにプレーニング。おぉっ!よう走る。おぉっ!?ノーズが浮き上がる。しかも133Lに比べるとボードが硬い。波に当たってもボヨ〜ョ〜ンという振動がなく波の上を鏡のように走ってそのままテイクオフする。ような気がする ワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!!

一旦リターンして、ジョイントをノーズ側に3cm程移動し、再度出艇。これで少しはノーズの浮き上がりを押さえることができるか?意識的にストラップでも押さえ込むようにしたらなんとか浮き上がりが少なくなったけど、ちょっと気を抜くと浮き上がるので要注意。

■OUTとIN
OUTに走る時と、INに走る時ではOUTの方がボードが明らかに暴れる。OUTに走る時は、どうも波の上の端に乗ってしまうことが多いみたい。そこに乗ると、その先は波の崖なので一気にテイクオフ。と言う事情はINに走る時も同じじゃないかと思うけど、何度走ってもINに走る時の方がボード浮き上がらないし、楽に走れる。う〜ん??

まぁ、良いや。とにかく走る。風は時々5.4オーバーになるけど、時々落ちてくれるので戻れなくなるという心配はない。とは言うものの、暴走気味の速度になって、かつそこそこ波が高いのでぶっ飛ばされる恐怖に襲われ、久しぶりに自沈してしまった。本日はどうにもボードを押さえ切れない。

■流浪の民
さてそろそろ本日も終盤か?と思った頃に、自沈以外で始めてプレーニング中にぶっ飛ばされて沈。しかし特に焦ることもなくセイルアップ。おっ?風が落ちないぞ。ぶおぶおと背中から風が吹き付けてくる。中々落ちないので、ちょっと厳しいかと思ったけど、セイルを少し引き付けたら見事にぶっ飛ばされて、再度沈。

おっ?もしかして少しまずいか?そんなこたぁないね。と言う事でセイルアップ。うん?セイルがべったり海面に張り付いて中々上がらないぞ。更に風が上がった感じ。このべったりと重い感触は久しぶりだねぇ。あまり無理をしないようにじっくり上げていると徐々に風下に流されて行く。おっ?やっぱ少しまずいか?

そっ!徐々に風下に流され、徐々に疲れてきて、徐々に気力が無くなってきた。10分くらいばたばたしてようやくセイルアップはできたのだけど、まだぶおぶおと背中から風が吹き付けてくる。どうして風が落ちないんだよぉ〜。セイルを少しだけ引き付けるのだけど、そこで踏ん張る気力が無くなってきた。

あぁ〜疲れた。もうどうでも良い(。゚(゚´ω`゚)゚。ピーと思っちゃうとだめでなくてもだめに。

久しぶりの流浪の民かなぁ?と思った時に、少し風が落ちた。チャンスとばかりセイルを引き付けて、ハーネス掛けて、間髪入れずストラップに足を入れてあまり引き込まないように注意して一直線に岸に突進。

やっとご帰還。ふぅ〜、助かった。

実を言うと、最近は道具さえ壊れなければ必ず戻れる、という変な自信を持っていたのだけどそれは大いなる誤解だったと本日気付かされた。反省。北西の風が吹き始めたのでそろそろ豊橋ゲレンデかなぁ。

■おご(海髪)
この季節になるとおごが採れる。はっきり言って無尽蔵に採れる。少し深みで揺れているのをそのままざくっと採る。細い繊維筋が入っていることがありこれは食感が悪いので取り除く。

三杯酢で食べるのが一般的だけど、味噌汁に入れても、こんな風にラーメンに入れてもおいしい。三杯酢で食べる時は事前に軽く熱湯に通す。モズクに似ているけどモズクよりしゃきしゃきしている。おご入りラーメン
00:30:11 - ttaka - No comments

2008-10-01

今度は5.4で飛ばし、完プレで大島2往復。極楽だよ〜ん ヾ(*´∀`*)ノ

■9月26日(金) 西:4m〜8m(たぶんこれくらい)

前日、東海TVが三谷のウインドの取材をしたいとの話がS氏からあり、昼頃来られないかとのことだったけど、それは仕事でちょっと無理でお断りしたら、2時でもということに。

しかし本日午前中から天候が思わしくなく、12時近くに東海TVの担当者から電話が入り、本日は中止(なかなか丁寧な電話だった)。ちょっと風邪気味だったということもあり、内心少しほっとした。

ところが、少し経ったら天候が回復してきて風も出てきたみたい。う〜ん、これならウインドやっても良いかも、なんて気楽なことを考えていたら、再度東海TVから電話が入り、本日決行とのこと。なんとか2時に間に合いそうだったので三谷に。

着いたら既に2名出艇中で、風もそこそこ吹いていて沖には白波もちらほら。丁度東海TVも到着し、早速撮影開始。中々迅速だ。担当者の人と挨拶をし、少し話をし、あとどれくらい撮影しますかと尋ねると30分程とのことだったので、これは今からセットアップしても間に合わないと判断し、仕事もあったのでそのままリターン。東海TV撮影中:上手く撮れたかな?

■9月27日(土) 西〜北西:4m〜8m(INは微風、OUTは若干ガスティ)

なにやら朝から庭木がざわざわしているので、予報も確認しないで早々に出発し、10時に三谷着。

おぅ、吹いちょる。INは微風だけど、OUTにはかなり白波が立っている。しかも北西で沖に向かって潮も風も流れているというちょっと恐ろしげな状況。

セイルサイズを決める前に、既に出艇中の人の状態を観察すると、プレーニングしたりヨチヨチになったりとかなり変化している。そしてINは微風だし、ということで、もしかするとオーバーかもとも思ったが少し前にオークションでゲットした中古のガストラの6.8のワンカムでセットアップ開始。

しかしセットアップ中から既に出艇していた人の話が小耳に入り、5.0でも良いかも、との話もちらほら。風がオフ気味というのも気になったし、散々迷った挙句、殆どセットアップの終わった6.8を撤収し、久々にノーカムの5.4でセットアップし直しし、出艇。

INは微風なので吹いているOUTまではヨチヨチ進む。OUTに進むと次第に風速が増してくるけど、ガスティ気味で、突然ドカ〜ンときたりもするが、ほぼ一直線で三河大島に。途中から連続完プレ状態になり熟年親父としては最速の10分程で上陸。3往復目は西に流され、風向きが変わったのを感じたし、片足のふくらはぎが痛くなってきたのでここが潮時と撤収。

結果的に5.4で正解だったかも。6.8だったら多分OUTで沈してると思う。そこそこドカ〜ンとブローが入るという状況だったので、6.8だったらそれで多分飛ばされて沈だね。沈しても風がお休みする時も多かったのでセイルアップに問題ないとは思うけど、何回か沈すると沖に流されて少しリスキーだったかも。

・ふくらはぎ痛い
プレーニング中にテール側の足が微妙に疲れる。結局その疲れが溜まって最後は痛みも出てきてしまった。そこそこリラックスして走っていると思うのだけど、、、?

それにしても、とても極楽疾走だった。5.4完プレセプテンバーは動画配信中、、

結局本日はOUTに出てからの沈はほぼ無しだったけど、何故か防潮堤内で数回沈。まぁ、防潮堤内の沈なんかどうでも良い。と言う事で本日もとても良い仕事をした ъ(゚Д゚)グッジョブ!!
18:36:25 - ttaka - No comments