熟年親父のウインドサーフィン入門

2007-10-31

ついに仕事サボって、平日ウインド。究極のウインドライフだね ^-^;

■10月30日(火) 西北西:1m〜3m その後1m以下

X氏から有給使ってウインドすると連絡が入ったので、私も仕事を午前中に切上げて三谷に。浜に着くと思った程風はなかったけど、天気が良く、その点絶好のウインド日和。他にW氏が風待ちの雰囲気。まぁ焦ることもないし、X氏とピーチクパーチク。

当然6.3でセットアップ。スタボーで、これまた当然大島を目指す。実はポートで出ていく方が得意(スタボーとポートの違いはX氏に教えてもらった)。

波はそれ程ないけど、少し風速の変化が大きい。時々ブローが入って後ろ足は十分ストラップに入る。セイルを引き込んで、後ろ足をストラップに入れると、ぐいっと速度が増す。が、突然風がなくなったりするものだから、本日は大島に着くまでに2回沈。先に着いていたX氏と記念撮影。
ビクトリーのVなのか、ピースなのか。大島から三谷を見る
そっ!本日は比較的新しい防水デジカメを持参した。昨日入手したばかりでぶっつけ本番で、少し心配だったけど、問題無し。とてもコンパクトでありながら700万画素で、しかも3倍の光学ズーム、VGAのビデオ機能、とても大きな液晶画面、おまけに1.5mから落としても大丈夫という魔法のようなカメラだ。

で、カメラも楽しみだけど、本日は時々入るブローで2/3プレくらいにはなった。ぐいぐいと引き込んで、体全体で風と波を感じ、体全体で制御し、ぐいぐいと走っていくと、これはもう少しで病み付きになり、仕事サボって平日ウインド三昧ということか (^o^)

1.5時間程十分楽しんだところで風が落ちてしまい、本日は大満足で撤収。仕事のことをすっかり忘れてとても良い日だった。まぁ、帰ってから夜更け近くまで仕事になっちゃったけど。
22:23:35 - ttaka - No comments

2007-10-28

計らずも終日一人。久しぶりの豊橋ゲレンデ!

■1.0〜1.5m 最後は0.5m

本日は三谷祭りなので三谷は避けて隣のラグーナに向かったが、いつもは数台〜10台程度の駐車場がほぼ満車。どうもウインドサーフィンのなんかの試合が開催されている模様。何も三谷祭りの日にやらなくてもと思うのだけど、しかたないのでいつもの三谷に方向転換。

ところがこちらはもっと満車状態。常連さんの車も数台見かけたけど、誰がどうなっているかなんて見ることもできないくらいの混雑ぶりでそのままリターンし、「よし、久しぶりに豊橋ゲレンデに行くか」ということにした。ほぼ2年ぶりだけど、ちょっとだけ知り合った人もいるので会えるかなと少し期待。

ところが、豊橋ゲレンデに着くと、誰もいない。う〜ん、風があまりないからしかたないか。まぁ、それでも1m〜1.5mくらいはありそうだったので、とにかく6.3でセットアップ。セットアップが終ってふと気付いたが、おぉ〜、潮が引いているじゃないか。後で調べたら、中潮で13時が干潮ピーク。そっ、ここは凄く遠浅なので、潮が引くとかなりの距離道具を引っ張っていかなければならないはず?泣きだね。

まいったなぁ。少し悩んだけど、とにかく飯を食って様子を見ることにした。おぉ、どんどん潮が引き、海底が露出してきた。更に風も落ちてきた。てくてく歩いて沖に出て風の様子を見ると、風向きも川の方に向かっていて、戻りに失敗すると川に入ってしまうかも。但し、遠浅の件は、川の方に向かえばその点は救われることが分かった。
豊橋ゲレンデこのゲレンデは超初心者の頃に来ただけで、実際のところゲレンデの様子も殆ど分からない。他に仲間も居ないし、出艇するか凄く悩んで、ほぼ撤収の方向に向い、川に行くことにした。が、あれこれ考えて、少し冒険だったけどとにかく出艇することに決定。

川の方に道具引っ張って行くと、それ程歩かなくても出艇できた。風向きは川の向こう岸に向かうしかない。向こう岸まで850m程。初めての海路。まぁ、天気は良いし、万一流されても川に入るだけだし、その点は気楽。結局8回程往復して風が落ちてきたので、本日はこれにて撤収。

風の具合が良かったこともあり、本日はタックターン全て成功。沈も1回だけ。ウェットスーツ脱ぐ時に気付いたけど、濡れてないとすんなり脱げる。海パンも乾いていた。

最初から最後まで一人のウインドサーフィンなんて殆ど経験がないけど、まぁ、偶にはこういう雰囲気も良いかも。
21:44:30 - ttaka - No comments

2007-10-22

連荘で爆風。もう直ぐ厳しいシーズン。さて道具をどうするか?

■10月13日(土) 5m〜8m 沖は多分もっと出ている

予報では5m〜6m。庭木も朝からかなり揺れている。久しぶりに4.0が必要かと思ったが、4.0はセイルもブームもかなり状態が良くなく、それが少し憂鬱だったけど、とにかく浜へ。

浜は、皆さん早々と集結中。ベテランさんも 5.5前後で出艇またはセットアップ中。4.0でも十分プレーニングしそうな風だけど、これまでずっと 6.3 で数ヶ月継続してきたので、突然 4.0 は色々と気が重い。まぁ、無理なら防波堤内と割り切り 5.6 でセットアップ。これならエクステンションを変更するだけなので、セットアップも手間がかからない。

いつもにも増して気合を入れて出艇。さすがに速度が出る。ストラップにも容易に足が届くが、入れようかと思っている内に防波堤が間近に迫り、タックターンでリターン。タックターンの成功率50%くらいだけど、まぁ、この風で50%なら合格だ。

風が強いのが一番の原因だろうけど、ボードが軽くなったのも影響しているのかもしれないが、本日は足元が凄く軽い印象だ。直ぐにノーズが浮き上がるし、足の下でボードがするすると動いてしまい、ストラップに足を入れなければ、とてもじゃないが、まともに走ることはできない。

防波堤まで何度も往復し、久しぶりにセイルアップも何度もしたら、直に手が疲れてきて、セイルアップが怪しくなってきた。無理は禁物と思い、次は久しぶりにウォータースタートにトライ。が、やはり、水抜きが全くできない。皆さんのやるのをじっと観察してると、なんか魔法のようにイージーに水抜きできている。う〜ん、道具も問題か?セイルもマストも重いのか?

防波堤を出ることができなかったのは残念だったけど、防波堤内でも十分楽しめたので、本日は○。

■10月14日(日) 5m〜9m そしてやがて、なんと 1m〜3m 沖は多分もっと出ている

予報では本日も5m〜6m。庭木も前日同様、朝からかなり揺れている。本日こそ、4.0が必要か?

浜は、皆さん前日以上に集結中。と言うか、混雑に近い状況。久々の大人数。昨日より吹いている印象で、沖は白波だらけ。さくっと割り切って 4.0 でセットアップ開始。久しぶりの 4.0 なので、予想通りすったもんだが発生。M氏や、S氏等の指導を受けてなんとセットアップ完了。しかし改めてみるとこれは酷い道具だ。

とても不満足で、アンバランスな道具でとにかく出艇。と、あれ?なんだか風が落ちた。時々ブローが入るので、その時を狙ってビーチスタートで出艇。あれ?なんだかとてもおかしな感じ。風がないのも影響しているのだろうけど、セイルが風の中を逃げている印象。するする、はたはたとセイル動く。それでも時々ブローが入ればビューっと走るが、直ぐに止まる。

やれやれ。問題山積みだ。アップホールラインも短いのだけど、長くするのは少し手間取りそうだったので、結局下側をはずして、出艇。沈する度に、海水に手をつっこんで、アップホールラインを探して、セイルアップ。泣けるねぇ。

ハーネスも短すぎる。6.3のブームの時に比べ長めにしてあるのだけど、ブームが小さいので、結果として短か過ぎるのだ。更にハーネスラインが硬いので、いったんハーネスラインが反対側を向いてしまうと容易に引っ掛けることもできない。

家では子供の就職のことで少し揉めているし、そんなことも頭に憂鬱に押しかかり、なかなか集中できない。本日は×。まぁ、こんな日もあるさ。無理はしないで、早々に切上げるのが安全だね。

それにしても 4.0 は、道具が最低だと改めて思った。大体このウェイブのセイルはだめだね。ノーカムでも良いけど、ウェイブじゃだめだ。空飛ぶわけでもないし、海に潜るのでもないし、セイルをひらひらさせるわけでもないのだから、それ向きに出来たセイルを使うのは無意味で、無駄。

あ〜ぁ、金かかるなぁ。来週も爆風だと早速困る。思案中、、、
23:00:45 - ttaka - No comments

2007-10-14

連荘で×。又かよぉ〜 (;o;)

■10月13日(土) 0m〜0.5m

天気予報では風は期待できなかったので仕事をしていたら昼近くなって庭木がざわざわしてきた。アメダスを見ると、にゃんと3mになっていたので急いで昼飯して、浜に。

浜につくと、誰もいないし、風もない。う〜ん、参った。即桜渕に方向転換。本日もボード積んで川かよぉ ^-^; まぁ、川も良いので、これで良しとする。川で泳いだ後は少し気分がハイになる。

しかし、アメダスもあまり中てにならないと言うか、海の上で測定する訳にもいかないから、しょせん参考の域を出ない。

■10月14日(日) 0.5m

参考の域を出ない天気予報では昨日よりは吹く予定だったので、早朝からの仕事を少し済ませてそのまま浜に向かう。

浜につくと、誰もいないし、風もない。う〜ん、連荘で参った。もしかして上がるかもと淡い期待をして、道具の整備をしていたら、皆さんぼちぼち集まってきた。しばし談笑して気分も少しすっきりしたのだけど、風は上がりそうもなさそうな気がしたので、帰宅。

本日はボードを降ろしてから、再び桜渕。ひと泳ぎして、また少しハイになって帰宅。川で泳ぐのも、日ごとに寒くなっているので、来月半ばまでくらいが限度。12月に泳いだこともあったけど、かなり我慢大会だったもんね。来週こそ吹くかなぁ?
22:35:49 - ttaka - No comments

2007-10-08

シート切れて思ったこと(安全に冒険するには金と暇がかかる)

■10月6日(土) 南南東:0m〜1m

庭木が少しも揺れないので、所用を片付け、昼飯も終えた。すると、庭木がそこそこざわざわしてきたので少し遅かったけど浜に。

しかし浜に風はなかった。気象庁が呼ぶ「猛烈な台風15号」はここまでは風神を呼んでくれなかったようだ。幸いM氏が居たのでダベリング。あまり見かけない人が熱心にセイリングしてたけど、あまりの風の無さに時々ボード上でお休み。常連さんが数名時々顔を出すけど、他に出艇する人無し。一時間ほどで帰宅。

■10月7日(日) 南東:1m〜2m(概ね1m)

昨日に比べると風がありそうな雰囲気の朝だけど、町内の運動会に出なければならなかったので、それに出て、1時過ぎに浜に着いた。風は思った程なかったが、久しぶりに大勢集結していた。

先日N氏から指摘された、折れるかもしれないマストを止めて別のマストでセットアップ開始。と、お〜ぉ?トップの先端の径が小さくてセイルのトップが入らない。なにやら不吉な予感?

これまでのマストに変えて、再度セットアップ開始。例の自作らくぼうくんでダウンを引いて、もう少し引こうかという時になにやらみしみしと異様な音が、それでもと、引いたらあえなくぷつんと切れた。2ヶ月程前に交換したばかりで、特にほつれた様子もなかったのに。また自作らくぼうくんは、自慢じゃないけど、シートに殆ど傷を付けない設計?なのだ。と言っても、手で引くよりは傷をつけ易いとは思うけど。どうもこの3.5mmのシートが細すぎてだめかも?

急遽4.0mmのシートを出し、先端を加熱処理したのだけど、処理の仕方がまずくて、どうにもエクステンションの穴に入らない。4.0mmだと先端をきれいに処理しないと入らないんだよね。ところがマッチがなくなった。やれやれ、しかたないので、カセットコンロで処理。何度かすったもんだして、ようやくセットアップ完了。

シートはあんなにあっけなく切れるのか?

時々ブローが入るけど、それでも2m程度の風。微風だけど一応得意な南東の風なので、一路大島に向かう。微風過ぎて沈しそうになったけど、なんとか沈しないで、大島上陸。本日は誰もいない。それどころかここから見ると、他のウインドサーファーも遠くにしか見えない。結構心細い。が、最近大島上陸が趣味化しているので、結局本日は2度往復。

大島の静かな浜辺に寝転がると、不思議と生きてるという実感が湧く。ラグーナの大観覧車を目指して走る(ぜんぜん走らないけど)と、周りに誰もいないので、奇声を発しても大丈夫。とてもすっきりするね。

時々入るブロー時に、思いっきりストラップ付近まで足を下げると、やはりグッとスピードが増すのが分かる。しかし、本日の風ではこれもそうそうトライできなかった。

シートはあんなにあっけなく切れるのか?

大島から帰る時に、シート切れたら、もう自力では戻れないね。少なくとも私のレベルではそうだ。そう考えると怖い。ウインドというスポーツはそれなりの道具を使うから、道具に頼る割合も高い。いくら技術のあるベテランさんでも、マストが折れたらまず戻れない。そう考えると、ウインドサーフィンで「安全に冒険」しようとすると、それはとても金のかかる、事前の手入れに時間のかかる遊びかも。「安全に冒険」というのは一見矛盾した表現だけど、それについては又の機会に。

■10月8日(月:体育の日) あきらかに風はないと思う

午前中雨、午後になっても庭木がそよともしないので、また桜渕に泳ぎにいった。本日も行くかどうか少し悩んだけど、やっぱり行って良かった。そうなんだ。今まで川に泳ぎに行って、後悔したことがない。いつもヒットだ。と言うか、間違いなく大好きな遊びだ。道具はウェットスーツだけで、あとは自分の体力だけという超シンプルなスポーツも素晴らしい。
23:44:45 - ttaka - No comments

2007-10-01

連荘で×。偶にはしかたないか?

■9月29日(土) 雨で多分風も微風

風さえあれば少しくらいの雨でも我慢して出艇したいのだけど、突然寒くなって、雨もそこそこ降って、なにより微風の雰囲気。

まぁ、これじゃ条件が悪すぎて、本日は×。

■9月30日(日) 昨日ほどの雨じゃないけど、超微風

庭木がそよともしない。それでも晴れていれば、とにかく様子だけでも見に浜に行くだろうけど、時々寒い雨が降る状況では、本日も×。やれやれ。

休日に連荘で殆ど体を動かしていないと、どうにもすっきりしない。もうこれは完全に習慣だ。そんな訳で桜渕で一泳ぎすることにして、出発。しかし、車を走らせながらも、やっぱ本日はプールかとも悩む。最近心臓の具合も少し自信がなくなっているし、この数日の雨で増水しているだろうし、寒いし、う〜ん、条件悪すぎるか?

悩みつつ、結局桜渕に来てしまった。当然誰もいないので、人目を気にする必要もなくウェットスーツかかえて堂々?と川に降りる。泳いだら、やっぱり気持ち良かった。プールを止めて正解だった。すっきりして、帰宅して後はのんびりビデオみて過ごした。
21:48:04 - ttaka - No comments