熟年親父のウインドサーフィン入門

2006-10-08

微風 5.5で頑張る。強風 5.5で撤収 ^-^;

■9月30日 1m〜2.5m 風向き忘れたけど、多分東〜南南東

自宅を出る前から微風の予感が十分していたけど、明日は天気が崩れる予報なので、とにかく出かけた。

数名来ていたけど、予想通り美風じゃない微風なので、風待ちの雰囲気。正直止めるか迷うくらいの微風。M氏もいないし、少し気落ち。30分くらいぶらぶらしていたら、M氏登場。少し話をしたら元気がでたので、セットアップ開始。前回虎の子の7.0が破れて再帰不能になったので、5.5だ。

微風過ぎて、戻るのに一苦労しそうな状況なので、沖には出ていけない。防波堤までの往復でタックターンの練習に集中。成功率70%にアップ。欲を出して、ジャイブターンに挑戦したけど、これはあえなく沈。Y氏が遅れて登場し、ジャイブターンを決めていたので、内心少し悔しいのだ。

■10月7日 4m〜13m 北西

自宅を出る前から強風の予感が少ししていたけど、車で坂を下ったところで、駐車場はほぼ満車状態。これは吹いてるねっ、と思ったら吹き過ぎだった。^-^;

ベテラン連中は喜んで走っていたけど、あのM氏でさえ、待機中。かなり沖を台風が過ぎているのだけど、台風の威力は凄い。

完璧な北西なので、浜の東側はぐっと風速が落ちる。そこでなら練習できるが、防波堤を越えた付近から強風で、しかもオフショア気味なので、そこに入ると、初心者は海上保安庁か?

たしかに強風だけど、冬にはこんな時も結構あったので、4.0で練習することに決め、セットアップ開始。M氏に教えられてセットアップしていたら、その時に気付いた、このセイル、ブームエンドに引っ掛ける部分の樹脂が割れてなくなっていたことに。しかたないので、もう一本のガストラの4.6を出してセットアップ開始。ところが出してじっくり見ると、博物館に持っていっても良いくらい年代物で、ベテラン連中がだべっているところでセットアップするには恥ずかし過ぎると感じ、そそくさと片付け。

少し悩んで、虎の子の、5.5を出したのだけど、ベテランさんが4.0台でやってるのに、5.5はないよね。ということで、タッパウェアに入れきたカレーライスを食べて、双眼鏡でベテラン連中の走りを見物して、そそくさと撤収。久しぶりに冴えない日だった。

道具をなんとかしないと、今年の冬は乗り切れないことを痛感。先立つものがないので、今年の冬はMTBに集中すべきか?あれも結構楽しいし。
17:30:44 - ttaka - No comments