熟年親父のウインドサーフィン入門

2006-07-29

少し沖まで出てみたら、かなり楽しかった

7月22日(土):2m〜5m

11時、浜に着いたらかなり賑わっていて、少し離れた場所に車を止めた。そこそこ風がありそうな雰囲気だったので、M氏にいただいた 5.5にするか、今にも壊れそうな7.0にするか少し悩んだが、7.0でセットアップ(正解だった)。

数回防波堤の手前で往復したけど、なにしろ天気が良くて、そこそこの風なので、これなら万一流されても大丈夫そうだったので、防波堤を超えてから思い切って更に沖に走ってみた。おっ!かなり楽しいじゃん。

浜から防波堤までが150mほどで、そこから更にその距離の2倍ほどを少し蛇行しながら走ったので、走行距離は600m程度か。時間にして片道5分ほど。結局10往復程度走って大満足。沖から戻る時のタックターンは一度も成功しなかったけど、セイルアップは一度しか失敗しなかった。上手くなったもんだ。えっへん!!

少し疲れたので、最後は岸に近い場所でタックターンの練習をした。成功率は先週よりも落ちて20%程だったけど、雰囲気的にはもう少しで、90%になりそう。気分的には風さえ安定していればどうやっても上手くできそうな気分。

片づけをしていたら、皆さんから同じようなコメントいただいてしまった。つまり「もっとボードを回してから体を移動させること」なんとなくそうかなぁとも感じていたので、このコメントも胸に落ちた。よ〜し、次回は成功率90%じゃ。それとS氏からは「ハーネス長すぎ」とのコメント。これもなんとなくそうかもと感じていたので納得。風速の割りに、体が倒れこんじゃっている。4mの風でお尻が海面に接触したのでは、いやはや。
00:21:39 - ttaka - No comments

2006-07-21

さてっと、三河大島往復か!?

先日の三連休は、結局一日しかできなかった。日曜日は超微風で、それでもS氏、U氏等は出ていたけど、私は海水浴だけにした。海の日の月曜日は雨で完没。

今週は、何故か三河大島へ行くことへの欲望がふつふつと湧いてくる。距離は片道2.6km。条件さえよければ、15〜20km/h で巡航できるだろうから、10分以内で着く。

現状での最大の問題点は、セイリングの技術レベルもさることながら、道具の信頼性のような気がする。なにしろ私の道具は全て中古品で、それもかなり劣化したものが多い。ボードとマストはまず大丈夫。ジョイントは少し危ないけど、まぁ、これも大丈夫。ダウンホールラインは交換する必要がある。ブームはまず大丈夫。アップホールラインは少し危ない。セイルはM氏が丁寧に使っていたものなので、トップが抜ける心配はなさそうなので、これも大丈夫。

とは言うものの、全体に信頼性が低いので、万一(確率的には百一?)のバドリングに備える必要がある。先日の日曜日は、Y氏のボードを借りてバドリングにトライしたけど、波が穏やかで、リグ無しなら、そこそこ早い速度で進むことは分かった。でも実際には、波がそこそこあるだろうし、リグをどう処理するか。とにかく、予備のシートと適当な紐を持って出よう。

それで、まず、Y氏に同行してもらって、半分〜2/3程の距離にトライし、その結果を見て、大島往復を敢行する。ちょっと今度の土日じゃ無謀なので、8月に入ってしまうかなぁ?
00:15:23 - ttaka - No comments

2006-07-15

タックターン成功率50% 暑つ〜い ^-^;

3m〜5m:時々ブローが入りプレーニングも楽しめる(私じゃないけど)

M氏からセイルを譲ってもらおうと、少し早めに出かけだけど、それでも10時45分になってしまい、既にM氏も含め皆さん走行中。それにしても浜は暑い。

とりあえず、本日も5.6のWAVEセイルでセットアップ。大汗をかいてセットアップ完了し、浜に出たら、丁度S氏と遭遇。セイルのセットアップについてのコメントと、このところ練習しているタックターンについて「素早く移動」のコメント。先週はO氏から「バタバタ移動するのじゃなくて、じっくり構えて」と言われ、この時は「その通りだなぁ、確かにバタバタしている」と納得したのだけど、その後、あ〜だ、こ〜だ、考えていたら、いずれにしても移動時間は短くする必要があると思っていたところだったので、S氏のコメントはすんなり胸に落ちた

走り出し、防波堤の手前で本日初のタックターンに挑戦。おぅっ、一発目成功。凄いじゃん。きわどいところで裏風を受けそうな姿勢だけど、ここでこらえて向きを変えることもできるようになっているので、成功率アップしそうな雰囲気。

本日は先週よりは少し風があるし、時々ブローもあるので、ハーネスが結構役に立つ。防波堤を越えて皆さんを追いかけて少し走ったけど、怖いので、タックターンでリターン。まぁ成功率50%にはなった。先週に比べれば画期的。

ハーネスだけど、走っていて、ボードの左右で感じが明らかに違う。右側に乗る方が全体に上手く操作できる。ビーチスタートもこっちの方は凄く楽。ハーネスも概ね楽。左側は概ね何か違和感がある。手にも力が入っているし、足もそうだ。しかし、ひとつ気付いたことは、この違和感のある左側の方がプレーニングに近い。しっかりとハーネスに寄りかかると、ボードの前が浮いて、思わず速度が出る。それでもストラップからまだ10cm程度離れている。無理にストラップに近づけると、ラフしてしまう。と言うことは、まだそんな速度じゃないということ。

WAVE用セイルだけど、このノーカムのセイルでも風が入れば、推進力はどうもカム付きと互角になるみたい。本日もブローが入った時は、ちょっと怖いくらい速度が出て、その時には、ジョイント部とブームの付近からなにやらおかしな異音がして、分解しそうな雰囲気がして、怖かった。で、ブローの時に、6.5のセイルの人と少し平行して走っていたら、僅かに遅いだけだった。そっ、最近は回りの人の様子が少しずつ見れるようになってきた。ちょっと余裕が出てきたね。こうやって、段段、皆さんの癖やレベルや嗜好が分かってくる。

防波堤から出ていくのなら、もっとしっかり道具の整備をする必要がある。先日はセイルのトップが抜けたし、また、ダウンテンションのロープの切れたこともあるし、アップホールラインのロープの切れたこともある。沖でこんなトラブルに遭遇したら、初心者はパニックだ。

それにしても本日は暑かった。今年一番の気温だった。水をがばがば飲んでしまい、少しおなかの調子が悪くなりそうな雰囲気だった。そんな訳で4時前には撤収。
23:18:34 - ttaka - No comments

2006-07-13

ノーカムセイルで頑張る

まぁ、正直なところ、まだセイルを云々するには初心者過ぎるとは思うが、、、

7月9日(日)3m〜6m

本日はお休みしようかなぁ〜と思っていたのだが、結局12時近くになってから、そそくさとラーメンの昼食準備をして出かけた。

浜に着くと、昨日より風がある。本日は2カムの7.0の予定だったのだけど、この風じゃ5.Xクラスがよさげ。トップが抜けてしまった2カムの5.7が最適なのだけど、残念。他に使えそうなのは昨日使った5.6のWAVE用しかない。時々使うノーカムの6.5もあるけど、あれは一番下のバテンの一方が抜けてしまっている。そう言えば、あのセイルもU氏に、推進力が無いと言われたやつだ。そっ!!あのセイルも気持ち良く走れた記憶が無い。と言うか、気持ち良く走れたのは、2カムの5.7だけ。

M氏に、そんなこんな話をしたら、以前使っていた2カムの5.5を譲ってもらえることになった。壊れた5.7の代わりに、来週から5.5でバンバン走ってやる?

と言うことで、本日は5.6のWAVE用でセットアップ。もやしたっぷりのラーメンを食べて、さて出艇。本日は南東の風なので、苦手の方向からビーチスタート。風はそこそこあるので、風さんは十分体を起こしてくれるが、苦手方向なので、何度か失敗。

スタートしても、風の割に速度が出ない。なんかよたよた進む。推進力無し。プレーニングしている人もいるのに、なんだかなぁ。2カムの5.7の時は、もっと大きなセイル人の後をほぼ同じくらいの速度で追いかけることができた時もあったのに。

よたよたと防波堤付近まで進んだけど、ちっとも面白くない。ハーネスも架けてみたけど、全然カイトできないので、これも面白くない。Y氏が一緒にやろうと言ってくれたけど、こんな状態ではとてもお付き合いできない。

本日は走るのをあきらめて、タックターンの練習に専念することにした。ノーカムなのでセイルアップは楽だろうと思ったのだけど、これも期待した程楽でもない。タックターンの成功率も変化無し。いやはや。

最後の30分は苦手方向からのビーチスタートの練習に専念。20回くらい連続して練習したら、ほぼ90%の成功率にはなった。でも、まだ違和感がある。まだ練習が足らないけど、残念ながら時間切れで終了。

時々道具のセッティングを教えてくれたりするベテランさんが、「もっとボードを身近に寄せること」とコメントしてくれた。納得。また、「まだ力任せになっている」、うん、これも納得。皆さん、楽に無理なくスタートしている。壺を押さえれば、そんなに力むようなことじゃない。と理屈で分かっていても、体が付いていかない。神経集中して、練習練習。苦手方向を残したままでは、遠出は心配。だから練習練習。
23:25:04 - ttaka - No comments

2006-07-08

風がないのでつまらない

2m〜ついに0m いやはや (T_T)

用事があって浜には2時着。風はそこそこ吹いているじゃありませんか、が、いつものメンバーは何故か待機中。どうも一遊びした後の休憩の模様。

先週、お気に入りのニールプライドの2カムのセイルのトップが抜けてしまい。修理を試みたがとてもじゃないが素人の手には負えないので、廃棄処分。裁縫で繕おうとうトライしたのだけど、通常の針では一針通すのに一苦労で、とてもじゃないが修理不可。かと言って、専門家に依頼するほどのものじゃないし、ということで廃棄処分。

そんな訳で本日は同じくニールプライドの5.6を用意。もち中古品で何故かウェイブ用なのだ。ウェイブ用というのが引っかかったけど、とにかく本日はこれ。ウェイブ用なので当然カム無し。

そそくさとセットアップして海に出たのだけど、何故か風が落ちてきていて、ビーチスタートにも一苦労。それにカム無しなので、推進力がやはり落ちる。ビーチスタートで構えていても、セイルが重い。特にマスト側が重い。ノーズ側に倒し気味で構えるのだけど、う〜ん、疲れてしまう。走りだしても、推進力不足。う〜ん、いらいらする。一応ハーネス架けたけど、とてもじゃないがカイト姿勢に程遠い。

更に時間と共に風も落ちてきたので、走って遊ぶのははあきらめて、本日はタックターンの練習に切り替えた。でも、結局本日は一度も成功しなかった。

最後にはついに風速0mになってしまい。浜に戻ることができなくなり、久しぶりに少し泳いで帰着。

片づけをしていたら、O氏が「セイル開き過ぎ」とのコメントくれた。内心そうかもと感じていたので、納得のコメント。結構おかしな格好でよたよた走っていたと思う。決してスマートな走りじゃなかったね。え〜い、もうこのウェイブ用セイルはお蔵入りにしてやる。これも安物買いの銭失いだった。反省。

P.S.:本日、即日投稿したのは、浜でいつものメンバーの一人にこのプログのことを聞かれ、「簡単に更新できるよ」と言ってしまった手前、ということがあるのだ。
18:36:30 - ttaka - No comments

2006-07-05

楽しい土日だった。やっぱ風あればこそ!!

7月1日(土)2m〜4m
ほぼ一ヶ月ぶりか?本日はなんとか少し風があった。11時着で、7.0のセイルでセットアップ。Y氏が一緒に出ようと誘ってきたが、まだそのレベルじゃないし、丁度昼食時間だったので、まずは昼飯。

西風なので、得意の方向からビーチスタートで海に出ると、本日はハーネスをかけて走ることができる。但し、位置が高すぎて、引っ掛けるのに一苦労。ようやく引っかかっても、今度ははずすのに一苦労。防波堤を越えて少し走って、タックターンに挑戦し、沈して、セイルアップでリターン。こんなことを何度も繰り返した。後半は疲れてきたので、安全をみて、防波堤の手前でリターン。

なんとかハーネスをかけることができる程度の風があれば、そこそこ楽しい。このところ何週間も無風に近い状態で練習していたが、やっぱあれは、そんなに楽しくない。こうやってハーネスかけて走るとそう感じる。

4時過ぎたので、そろそろ撤収するかと思ったが、例の温泉が出ていないので、更に30分程延長して、結局5時直前まで延々と遊んでしまったので、明日は仕事だね、と思ったのだが、、、

そう言えば、またセイルが破れてしまった。それも2箇所も。一箇所はビーチスタートでセイルを持ち上げる時に、頭を突っ込んだら、あっけなく10cmほど破れてしまった。もう一箇所は、特に何をしたということもないのに、4cmほど破れていた。やれやれ完全に安物買いの銭失いだった。中古を買うにしても、5年以内で、保存状態の良いもの限定だね。

7月2日(日)3m〜5m
昨日たっぷり遊んだので、本日は仕事をしていた。天候も良くなく、時々雨も降っている。ところが、昼飯が終ってパソコンを触っていたら、何か体がうずうずする。昨日あれだけ体力使ったのに、う〜ん ^-^;

その内、雨も止んでしまい、結局1時半過ぎに再び出かけた。あ〜ぁ、こんなことで良いのだろうか?浜につくと、M氏がいたけど本日はもうやらないとのこと。でも、風は昨日よりもあって、少しドキドキした。

昨日M氏はウェットスーツではなく、Tシャツ+海パンだったので、それに触発されて、私は本日はなんと、MTB用のレーパン+Tシャツだ。ひじが剥き出しというのも少し危ないので、こちらもMTB用のアームウォーマーを用意した。これでMTB用のヘルメットを装着してシューズを履けば、そのままMTBに乗れる。

ちょっとゲレンデで目立ってしまうというか奇妙な格好かと心配したが、いざその格好をしてみると、それ程おかしくもない。それになにより、ウェットスーツに比べると随分と楽だ。体も軽くなった。

ちょっと悩んだけど、本日は 5.7のセイルにした。このニールプライドの2カムのセイルは結構気に入っている。ビューンと軽快に走れたのはこれまでこのセイルだ。たまたま風の状況が良かっただけなのかもしれないが、なんか扱い易い印象もあって、とにかくお気に入りなのだ。

海に出ると、お〜ぉ、吹いてる。胸まで浸かっていても、風さんがぐっと体を持ち上げてくれて、ビーチスタートさせてくれる。おもしれぇ (^o^)

ちょっと怖いので、一度だけ防波堤から出ただけで、後はずっと防波堤の手前で往復して遊んだ。15%くらいの成功率でタックターンもできる。他の人のやり方を見ていると、ラフさせてそこで、ちょっと走って体を反対側に移動させている。私みたいにバタバタ焦ってやる必要はないのだけど。う〜ん。まぁ、その内そうなるさ。

2時間程遊んで、もう一時間くらいと思っていたら、突然セイルのトップが抜けてしまって、そこでお終い。う〜ん、お気に入りのセイルなのに。(T_T) なんとか修理にトライしてみようと思うけど。さてどうなるか。

片づけをしていたら、O氏が「プレーニングしてたね」と言ってくれた。「いや、まだまだです。あれはプレーニングじゃないですよ」と返事したけど。そうだよなぁ、本物のプレーニングは多分もっとボードが浮いてしまうはずだと思うのだ。O氏もそうだけど、ベテランさん達のぶっとばしている時を見ると、もっと浮いている。それに、私の場合ストラップに足が入っていないし。来週も同じくらいの風があれば、ストラップに足を入れてみる。ちょっと怖いけど。

ところで、本日は途中で私的に凄くスピードが出てしまい、げっ!?と思った瞬間に、気弱になってしまい、体が固くなって、その後当然のことながら、一気にぶっとばされてしまい、思いっきり腕をボードにぶつけてしまった。昨日はマストで頭を直撃し、風呂場で頭を洗う時にこぶができていたのに気付いたし、やれやれ。
00:27:15 - ttaka - No comments