熟年親父のウインドサーフィン入門

2005-12-29

プレーニング?

本日は午前11時半に蒲郡着。もそっと早く行くべきだったけど、雑用をしていたらこんな時間になってしまった。夕方も少し仕事があり、午後3時には撤収する必要があるので少し焦る。

本日出てくる前にデッキ上に、スベラーズを追加して貼った。まぁ、これで通常の操作範囲なら滑って困ることはないだろう。スベラーズは多分4m程巻くらいだったと思うけど、結局残りは1.5M程になってしまった。今後貼ることもあると思うので、結果的には購入長さとしては丁度良かったみたい。いずれにしても効果抜群。

浜に出たらそこそこ風があったので、ちょっと悩んだけど、本日は4.0のセイルにした。浜からのスタートは、もうビーチスタートオンリーだけど、本日くらいの風なら成功率は70%以上で、問題無し。セイルアップに比べれば随分と楽だし、楽しく走り出せる。

セイルをぐっと引き寄せると、手にぐっと力を感じ、ボードが前に出ていく。足の位置を全体にテール側に移動させて、ふんばると、ノーズが浮いて、プレーニングじゃ?ノーズが浮きすぎて方向を失い、失速して、沈。

概して、私の場合、セイルの引きが足らないと思う。だからスピードも出ない。足をテール側に移動させて、セイルを引き込めば思い切り風をはらむので、スピードが出るのじゃ。快感なのじゃ。まぁ、現状では数十M走れば、沈だけど。

ビーチスタートで、じっと風を待っていると、なんか少し感動!!日の光に海面が光り、なんか感動。風が吹き抜けて行くのになんか感動。じっと冷たい海水に漬かっているのに、なんなんだろう、この感じは。山岳サイクリングでも、スキーでも、水泳でも、感じたことのない、この感じ。WSF結構好きなのかもしれない。
22:42:59 - ttaka - No comments

2005-12-25

ビーチスタートの成功率アップも風次第

全国的に三連休だったけど、天候も芳しくはなかったが、まぁ用事もあり、結局蒲郡には本日午後からようやく行けた。

皆さん来ていたけど、どちらかと言うと、午前中楽しんでそろそろ撤収ムードで、陸に上がってだべりんぐムードだ。久しぶりにM氏もいた。やはり嬉しい。

本日は風が弱いので、久しぶりに6.5で出動。当然ビーチスタートで出発。ところが風が弱すぎて、なかなか走り出せない。前回、前々回とは逆に、風が入ってくるのをじっと待つ状態。

少し入ったかと思い、後ろ足をかけて、ぐっとセイルを立てて、前足でボードに登るようにして走り出すのだけど、風が弱いので上手く走り出すことができず、沈。それでも、上手く風が入ると、なんとか走り出せる。まぁ、風の状態さえ良ければ成功率は90%以上だ。

そっ!?風の状態さえ良ければ、ビーチスタートはそんなに難しいものではないというレベルには達した。となると、やはり走り出した後の安定性が問題だ。本日の場合、微風傾向なので、走っても、風が弱くなると、停止状態に近くなり、そうなると思うように制御できなくなり、停止して、沈。全く風がないという訳でもないので、ちゃんと制御できればゆっくりでも走りつづけることができるはず。

ホームセンターで購入したM氏が購入した手袋だけど、本日2時間程のセイリングであっけなく表面の被覆が剥がれてきてしまった。セイルアップをすると直ぐにだめになる感じ。前回使ったゴム手袋の方が多分丈夫だ。軍手の上にゴム手袋が安上がりで良いかもしれない。あまり厚いのも細かな制御をやり難くなるので、問題かもしれないが。

本日も当然ブーツを履いたが、本日は少し走ったこともあって、ボード上でブーツの底が滑るのを良く感じた。素足や、これまで履いていた靴に比べると、このブーツの底は滑る。ボード上のあちこちに、例のスベラーズを貼り付ける必要がある。
23:13:00 - ttaka - No comments

2005-12-18

寒くなったけど、相変わらずビーチスタート

先週の土日はお休み。風邪を引いて、中耳炎が再発し、医者に洗髪すら禁止されてしまったのだ。雑用も重なったし、丁度良かったかもだけど、まともに体を動かさない土日は何年ぶりかもしれない。

昨日も、本日も真冬並の寒さ。昨日午後から蒲郡に行ったら、皆さん撤収中だった。午前中から楽しんでいたようだが、雲行きが怪しくなってきたこともあって、撤収とのこと。風も強いし、空には黒い雲が広がって寒いので、出動すべきかどうか悩んだが、せっかく来たので、短時間でも良いから出動することにした。

風が強いので、初めて4.0のセイルを出した。形原や豊橋方面を見ると煙突の煙が完全に水平になびいている。何もしないで浜に立っているだけで風であおられる。もちろん白波は立っている。それも岸辺近くでも立っている。波も高い。う〜ん、初心者には論外のコンディション。まぁ、本日はビーチスタートの練習だけだから、大丈夫?

寒いので、今シーズン初めてブーツを履いた。手袋も着けた。M氏がホームセンターで600円弱の手袋を購入していたが、その600円弱のやつは私もホームセンターで見たら、指の付け根のところが破けているものがあったので、とりあえずパスし、もっと安い(300円弱)農作業用ではないかと思われる薄手のゴム手袋を購入。

ビーチスタート、ビーチスタート、、、セイルの下に入ってじっとこらえて、少し風が収まったところで、少し風を入れて、後ろ足をボードに乗せ、更にセイルを立てて、風の力をぐっと感じたら階段を上るようなイメージで前足も乗せ、マストを進行方向に倒してスタートじゃ、、、まぁ、あっけなく風にあおられて向こう側に沈。

こんなことを何回も繰り返すのだけど、これだけでも結構面白い。そうこうしている内に「じゃ皆帰ってしまうから気を付けて」と最後の人が忠告してくれて、私一人になってしまった。

1時間15分程頑張っている内に益々風が強くなってきてしまい、あきらめて撤収。あらかた道具を片付けたら、あれほど真っ黒な空が晴れてきて、風も弱まってきたのだ。ふと沖合いを見ると一人だけ右へ左へプレーニングしている。凄いと思うけど、私だってその内という気合が入る。きれいな夕暮れの海を後にして帰宅。

本日は午後2時半からコンサートがあるので、午前中から出動。と言っても、のんびり朝飯を食っていたら、蒲郡についたら11時近くだったので、実質1時間15分程度しかできない。風は昨日よりは少し弱いけど、それでも十分強い。ベテラン連中はすいすいと沖に出ていく。

またビーチスタート。10%くらいの確率で成功するけど、そのまま沖に出てしまうのは恐怖感があり、直ぐに沈。だって、まともに走らせたらあっというまに沖に出てしまう。この寒空に下、道具一式を引っ張って泳いで戻る勇気はない。

ベテラン連中はこんな強風でも、さくっとビーチスタートして、沖に出て行く。ひとりくらい一度くらい失敗するかと見物しているのだけど、全員一発で成功。凄く私とレベル差があるようにも思えるが、実はそんなに遠い道じゃないのかもしれない。

ブーツは問題ないが、手袋はあまり良くない。薄手じゃだめなのだ。ある程度厚さがないと、風で温度が下がり、寒い。まぁ、300円弱じゃ文句も言えないけど。それでもあるとないでは大違いなのだ。

真冬並みの寒さでもそこそこできたということは、現在の装備で、冬でもそこそこ楽しめるような気がする。多分大丈夫だろう。ベテラン連中のように沖に出て、しかも丸一日となると、無理だろうけど。

本日の教訓:いずれのスポーツにも共通することだけど、逆らわない、利用させてもらう。つまり、無駄な力を使わない。スキーで言うなら、滑らせてもらう。ウィンドサーフィンなら、さしずめ、風に運んでもらう。波に乗せてもらう。ということか。それと、私の場合、特に背筋を伸ばすこと。うん。
23:51:00 - ttaka - No comments

2005-12-04

まだまだビーチスタート

昨日は午後から別の用件があり、午前中しか余裕がなかったのだが、その午前中も早朝からちょっと仕事で塞がり、にゃんと実質3時間しか使えない。蒲郡に行くべきかどうか随分悩んだが、半分やけのやんぱちで出発。

蒲郡ゲレンデは少し微風気味ながらも、なかなか良い風が吹いている。天候も上々だし、本来なら丸一日楽しめそうなコンディションだ。とにかく急いで出動準備。本日も6.5のセイル。

またまたビーチスタートの練習。風はそこそこあるので、失敗しても結構楽しい。練習というより、そこそこ楽しんでいる。成功率は15%程。ある程度風があれば、少し無理な体勢でも、なんとかスタートできる。でも、あまり無理な体勢で頑張ってしまうと、変な癖がついてしまうかもしれない。ある程度ちゃんとした体勢でスタートするようにすべきかも。

結局、実質1時間程度遊んで、後ろ髪を引かれる思いで撤収。

本日は、朝から天候が悪く、時々小雨まで降っている。昨日忙しかったこともあり、結局午前中は自宅でのんびり。昼食後、蒲郡に行くべきか、またまた随分悩んだが、本日もやけのやんぱちで出発。

蒲郡ゲレンデは誰もいない。そりゃぁそうだ。天候は悪いし、なにより風がない。風がなくちゃどうにもならない。車の中で20分程悩んでいたが、とにかく休日に体を動かさないとすっきりしないので、とにかく出動準備開始。本日も当然6.5のセイル。

またまたビーチスタートの練習。しかし、風がないので練習にならない。セイルに風を入れて、じっと待っているのだけど、なかなかセイルが持ち上がらない。結局あきらめてセイルアップでスタート。でも、直ぐに沈。そりゃあ、そうだ。こんな微風でそこそこセイリングできるのはベテランしかない。

正直疲れる。とは言っても、そこそこ体力を使っているので、一応気分は少しすっきりしてきた。結局1.5時間程頑張って、撤収。

撤収作業をしていたら、仲間が一人来た。近くの人で、ゲレンデの様子を見にきただけで、やる気で来たのではなさそう。温かい缶コーヒーをくれたのが、非常にありがたかった。実は本日はかなり寒かったのだ。今シーズン始めて、フルスーツで寒さを感じた。来週からは、ブーツと、手袋が必要になるかも。

蛇足:マウンテンバイクで山岳サイクリングが凄くやりたい。山が恋しいと言っても過言でない心境。その一方で、早く大島までセイリングしたい。う〜ん ^-^;
22:57:00 - ttaka - No comments